::診療案内::
:: 泌尿器科はどんな診療科ですか? :: 
   人間には、尿路系といって、尿を生産する腎臓、その尿を輸送する尿管またそれを貯め最後に排泄する膀胱と尿道などの器官があります。これらは男女同じです。また、男の生殖器系の器官には、静止を生産する精巣それを運搬する精管、精液を作る精曩と前立腺が有ります。これらの、男女の尿路系の器官と、男の生殖器系の器官の病気を診断治療するのが泌尿器科です。
:: 泌尿器科の病気の症状は? ::
   尿路系の病気の代表的な症状は、肉眼的血尿(赤い色の尿)、尿潜血、排尿困難(尿の出が悪い、尿の勢いが弱い)、頻尿(排尿回数が昼間8回以上・夜2回以上)、排尿時の痛みや不快感、尿失禁(尿を漏らしてしまう)や夜尿症、脇腹の痛み、下腹部や尿道の痛みや不快感などです。
 男子生殖器系の病気の症状は、陰茎の痛み、陰嚢の腫大と痛み、精巣の腫大と痛み、血精液症(精液が赤い色)、不妊症、ED(勃起不全)などです。
:: 当科で診療する泌尿器科の主な病気と健康診断など ::
  前立腺肥大症
尿路感染症(急性膀胱炎、慢性膀胱炎、腎盂腎炎、前立腺炎、尿道炎)
尿路結石症(腎結石、尿管結石、膀胱結石)
悪性腫瘍(膀胱がん、前立腺がん、腎臓がん)
過活動膀胱間質性膀胱炎
神経因性膀胱(自己導尿指導)
男性更年期ED、男性不妊症
陰嚢内疾患(精巣上体炎、陰嚢水腫)
小児泌尿器科(夜尿症、亀頭包皮炎)
特定健診、一般健康診断、予防接種など


日帰り手術・尿路結石破砕装置設置
  体外衝撃破砕石術(ESWL) 
※自由診療扱いとなります

     ↓

** 現在、体外衝撃破砕石術(ESWL)は実施しておりません。
尿管結石と診断され手術が必要と判断された場合は、当院と連携している施設へのご紹介とさせていただきます。
ご不便をおかけしてしまい申し訳ございません。
なお、術後の経過観察につきましては当院において可能となっておりますのでご安心頂きます様、よろしくお願いします。 **



入院・手術治療の必要な患者様は、連携している大学大学病院や地域の専門病院に紹介し、
万全の対応をしてまいります。

CT検査装置
( GEヘルスケア・ジャパン社製
       brivo 385 )
CTとは、コンピューター断層撮影法(Computed Tomography)の略です。身体にX線量の差をデータとして集め、コンピューターで処理することによって身体の臓器を画像化する検査です。約5分で終わります。
*当院では、16列マルチスライスCTへと装置の更新を行いました。以前よりも鮮明なCT画像の提供を実現することが可能となっております。
超音波画像診断装置
(ALOKA社製、
 Prosound SSD-5000)
腹部に超音波を発信し、そこから帰ってくるエコー(反射波)を受信し、コンピューター処理で画像化して診断します。5〜10分で終わります。
尿流量検査
(Life-Tech社製、
      Urolab 2200A)
排尿状態をグラフで表す検査です。前立腺肥大症などの排尿困難の診断に用いられます。数分で終わります。

古屋泌尿器科医院

〒090-0065
北海道北見市寿町2丁目4-3

TEL 0157-61-2288

http://www.furuya-hospital.jp/

女満別空港より
バス 約45分


北見駅より
タクシー 約10分

住所検索→近くに何がある?
周辺の駅やお店を探す、等…。

住所などで場所を検索できます
 |  ▲TOP  |
Copyright © 2004 Furuya hospital All Right Reserved.